業者選びに役に立つ鍵・防犯・セキュリティに関連した業者をご紹介します。

鍵コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月08日 [FAQ]

食品加工機械について教えてください。

これまでは手作りにこわだって最低限の道具に頼るだけでしたが、年々職人の数が減っていくのに対して注文数は増えていて、このままでは確実に対応できなくなってしまうので、食品加工機械の導入を考えています。
機械を取り入れることで大量生産が可能になることはもちろん良く理解していますが、そうすることで手作りを謳えなくなるし、品質がどうなるかについてなど、不安な面もいろいろあります。
そこで食品加工機械に関するメリットやデメリットなども含めて、素人にも分かるようにいろいろ教えていただけないでしょうか?


回答

食品加工機械を導入することで多くのメリットがあります。


食品加工機械は、食品工場で使用される機械で、一つの商品を作るのに複数の機械を使用するケースが多く、それを導入することの最大のメリットは、生産性を大きく高められることです。
機械の性能も以前よりもかなり高くなっていて、オーダーメード品がほとんどなので、品質面の不安についても解消できる可能性は高いでしょう。
食品加工機械を導入することより、人件費を削減できる利点以外、高品質な製品が製造できたり、製品の安定化や均質化も期待でき、大量生産が可能になります。
食は私たちが生きていくのに欠かせないもので、時代が進むにつれ食への好みは多様化しており、食品に多くのバリエーションが求められています。
機械の性能も年々進化を遂げていて、一昔前は高額でサイズの大きかった機械も、今ではコンパクト化されて価格も下がってきて、省エネ化も進んでいるので、よりコスト的なメリットも大きくなっています。
以前は不安視されていた災害対策なども、一定以上の大きな地震がきた時には安全に強制停止する機能が付いているものも増えているので、安心して使用できます。
食を扱うものなので、メンテナンスはとても重要になりますが、洗浄やメンテナンスも簡易的に行えるようになっている機械も増えています。
食品加工機械の耐用年数は、10年程度のものが多いですが、それはあくまで減価償却時の目安であって、日頃からしっかりメンテナンスを行うことで、寿命を伸ばすこともできます。
食品加工機械を導入する時に注意しなければいけないのは、目的をはっきりさせることです。
目的に合わないものを導入してしまうと、無駄に経費をかけるだけで生産性も上がらず後悔することになってしまいますので、導入先をしっかり吟味することも重要なポイントです。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク