業者選びに役に立つ鍵・防犯・セキュリティに関連した業者をご紹介します。

鍵コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月10日 [FAQ]

機械整備士は業種が違っても簡単に転職出来ますか?

弟は地元の工業高校を卒業してから、製薬会社の機械メンテナンスの仕事に就いて仕事をしてきました。元々、何かを作ったり、修理したりすることが好きで、自分にとてもあっていて、やりがいがあると言っていました。しかし勤めていた工場の閉鎖が決まり、転職を考えなくてはいけなくなりました。弟は機械を触ることが好きなので機械整備士の仕事を続けたいと考えていますが、業種が変わっても転職は問題ないでしょうか?アドバイス頂けると幸いです。

回答

業種による求人募集資格に応じて検討しましょう


機械を触ることが好きな方、メンテナンスの経験をされてきた方であれば、修理や交換をしている中で機械が同じ故障を繰り返さないよう、使いやすくすることを考えるものです。製造業において機械は要ですので、機械整備士は重要なポジションと言えるでしょう。メンテナンスと言ってもマニュアルどおりにいくものではありません。同じ故障が続くわけではないので、やりながら覚え、応用を働かせながら、研究心を持って仕事に取り組める人が適した仕事です。現場の機械の流れを見て、より品質が安定し、さらにうまく動く方法はないかと研究するのも一つの仕事です。稼働率と品質を上げ、効率化を図るための方法は小さな部品や機械を整備することから始まる場合があるからです。修理と改良は背中合わせとも言えます。
機械整備士は、業種が違っても転職は難しくないと言われています。しかし、会社によっては考え方も違い、希望する求人が異なりますのでご自身の経験や実績、所持する資格と合う会社を見極めなくてはいけません。
整備士によっては資格が必要な業種があります。持っている資格により、就職出来る先や収入が変わります。国家試験を習得しなくてはいけない資格は難易度は高めです。その中でも1級を所持していると監督責任者などの立場になることが出来、将来的なキャリアにも有利になります。受験資格は実務経験がある人に限りますので、希望する転職先に資格が必要であれば受験するタイミングと考えるとよいでしょう。
機械整備士は今後も需要があり、比較的人材不足と言われる職業のため、転職の可能性も高くなります。資格が必要な仕事ほど収入が高くなる業界ですので、転職と共に検討されるとよいでしょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク