業者選びに役に立つ鍵・防犯・セキュリティに関連した業者をご紹介します。

鍵コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月12日 [FAQ]

部品を外注するメリットはなんですか?

私はメーカーの経営をしているのですが、扱っている部品について外注するべきか、このまま社内で製造を続けるべきか悩んでいるところです。
そこで、部品を外注した場合にどのようなメリットがあるのか、外注することによる利点について教えてほしいです。

回答

外部の技術力を活用でき、コア業務に力を割けるようになります


部品の外注を頼むことにはさまざまなメリットが存在しており、たとえば外部の高い技術力を活用できる点があり、自社では難しい技術が必要とされる部品であっても、外部の力を借りれば簡単にそれを実現することができるのです。
自社にノウハウのないことであっても、外注すれば簡単に部品を作ることができるため、本来必要な人件費や設備などへの投資をする必要がなくなり、結果的にコストダウンにつながるというケースもあります。
自社内で製造をするためには、特別な人材を配置してそのための設備を用意する必要があるのですが、それが必ずしも上手くいくという保証はなく質の低い部品を作ってしまうリスクもあるのですが、外注する場合には苦労せずにクオリティの高いものを製造してもらうことができます。
また、外注をして自社で難しい業務を外部の会社に任せることによって、より重要なコア業務に社員の力を集中させることができるため、それが結果的に製品の質を高めることにつながり、会社の業績をアップすることに貢献することがあります。
外注する場合は、その部品を作る必要がなくなったならば外注をやめるだけでよく、自社で部品の製造をした場合には設備投資をしてしまうとその部品に製造をやめたときに設備が無駄になってしまうため、外注のほうが将来的に見てもコストがかかりません。
世の中の変化は目まぐるしく、いつまでも同じ事業や業務を続けるわけにもいかないことが多いため、将来的に別の事業や業務に取り組む可能性があることも考えると、外注できるものは外部に任せてしまうほうが合理的であるという意見もあるのです。
ただし、外注することによるデメリットもいくつか存在しており、外注先ときちんと意思の疎通を図ることができないと、希望通りのものを納品してもらえない可能性があり、そうなるとより費用がかかってしまうでしょう。
また、外部と連携をして部品を製造してもらう際には求めている以上の品質が維持されることを確認する必要があり、そのためにマネジメントコストが発生してしまう点も注意しましょう。
自社で製造するよりも外注したほうが、外注先の利益の分だけコストが上乗せされてしまうため、短期的にはコストが上がってしまうというリスクもあり、この点についても考慮して外注するかどうか検討しましょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク