業者選びに役に立つ鍵・防犯・セキュリティに関連した業者をご紹介します。

鍵コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月14日 [FAQ]

品質管理体制のチェックポイントは何ですか?

製品の製造のためにどうしても必要な部品があり、発注したいと考えているのですが、やはり品質は何よりも重視したいと思っており、きちんと品質管理を行っているところに発注したいと思っています。
そこで、発注先の品質管理体制をチェックする際に、どういう点に注目すればいいのか教えてください。

回答

品質管理への意識の高い会社に依頼しましょう


まず前提として、発注先の品質管理というのは、自社の品質管理の一部に含まれていると考えて、積極的に外注先の品質意識の向上に取り組むべきであり、しっかりとした品質保証体制を整えるために努力することが必要となります。
発注先のことは発注先にすべて任せてしまうのではなくて、最終的に納品された部品を使うのは自社なのだから、発注先がどのように部品を製造しているのか、その実態をきちんと把握しておくことが重要なのです。
自社の求めるレベルの品質保証体制を発注先にも求めるべきであり、それを実現できないような発注先に仕事を依頼するべきではなく、発注先と一緒に問題を解決していき、より質の高い部品を製造できるようにします。
基本的に社内よりも発注先のほうが品質管理のレベルが落ちるのが普通のため、しっかりと品質管理指導を行わないと不十分なものを納品されてしまう可能性が高いため気をつけましょう。
品質管理をするためには手間とコストがかかってしまうため、発注先の経営者の考え方は重要であり、面倒なことをしたくないという経営者であれば品質管理はいい加減なものとなってしまうでしょう。
そこで、発注先の経営者とはよく話し合いをして、品質向上やコストダウンのために品質管理を求めることになるのですが、その際には動機づけが重要であり、品質管理をすることが発注先にとっても利益であることを伝えます。
結局、質の悪いものを納品したとしても手直しする必要があり、そうなるとコストがかかってしまうため、最初から質の高いものを納品したほうが発注先にとってもメリットがあるのです。
発注先の部品を用いて製造した製品に問題が発生すれば、その対応のためのコストは発注先にものしかかってくるため、発注先にとっても、責任を持って品質管理をする理由が生じるのです。
ただし、そもそもの経営者の意識が高くなければ、どれだけ説得をして監視したとしても、品質管理がずさんなものになってしまう可能性があるため、品質管理についての意識の高い会社に発注することが大切です。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク