業者選びに役に立つ鍵・防犯・セキュリティに関連した業者をご紹介します。

鍵コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年07月18日 [FAQ]

空き巣対策にできることはなんですか?

最近、私の実家が空き巣の被害にあってしまったことを知って、それはとてもショックなことであり、ひょっとしたら私の家でも空き巣に入られてしまう可能性があるのではないかと思うと不安な気持ちになりました。
そこで、空き巣対策としてできる限りのことをしておきたいと考えているのですが、この方面について知識がなくて困っているので、どんな対策が有効なのか教えてください。

回答

補助鍵や防犯フィルム、防犯ブザーなどの対策があります


まず、空き巣の侵入ルートを理解しておくことが大切であり、これはほとんどが窓からの侵入となっているため、窓に対して防犯対策をしておくことは重要となり、そうすることによって空き巣のリスクを軽減することができます。
たとえば、窓に補助鍵を設置しておくと、空き巣にとっては手間がかかってしまうため、そのような家をターゲットにするのをやめる可能性が出てきて、防犯として有効となります。
窓を割りにくくすることも大切であり、そのために防犯フィルムを貼るという方法があって、これによって窓を割るために数分程度の時間がかかるようになって、空き巣が諦める可能性が高くなります。
防犯ブザーをつけておくという方法も有効であり、たとえば、窓が開いた瞬間に警報音が鳴るタイプや、振動によって警報音が鳴るというものもあって、これらを設置しておくと空き巣を追い払う効果を期待できるでしょう。
お金がかかる方法として防犯カメラや防犯システムを作動させておくというものがあって、これは簡単に導入するわけにはいかないのですが、ダミーの防犯ステッカーを貼っておくだけでも空き巣に心理的な負荷を与えることができて効果的です。
たとえ、実際に防犯カメラなどが設置されていなかったとしても、防犯ステッカーがあるだけで、空き巣は不安になってしまい、わざわざそのような家を狙う必要がないと考えるケースが増えるのです。
浴室やトイレなどの場合は小さな窓が取りつけられていることが多く、ここからの侵入を防ぐためには面格子を取りつけるのが効果的であり、これによって窓を開けておくことも可能となります。
このように、さまざまな方法によって空き巣の被害を防ぐことができるのですが、油断をしないことが一番大切であり、外出するときにはしっかりと戸締まりをして、窓を開けっ放しにしておくようなことは避けましょう。
防犯対策をしていたとしても、それで安心して戸締まりなどが不用心になってしまっては、かえって空き巣のリスクを高めてしまうことになります。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク