業者選びに役に立つ鍵・防犯・セキュリティに関連した業者をご紹介します。

鍵コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年09月18日 [FAQ]

鍵業者の選び方と注意点は?

先日79歳になる父が亡くなりまして、長男の私が父が運営していたアパートを相続しました。
その他にも不動産や株などの遺産がありましたが、それらは全て売却して3人の兄弟できちんと分配して、アパートは古いですが、入居率が高いことが分かったので、私が運営も引き継ぐことで話がまとまりました。
アパートの管理は、それまで父の友人でもある不動産会社に依頼していましたが、その方も高齢なので、父の死をきっかけに引退するということで、現在新しい管理会社を探しているところです。
したがって、まだ空き部屋の入居募集はかけていませんでしたが、父の知り合いという方が私のところに来て、アパートに入居したいと人がいるので部屋を案内して欲しいと言ってきました。
後日予定を決めて部屋を見せることになったのですが、空き部屋の鍵の整理をしていると、あるべきはずの鍵の本数が足りないことに気づきました。
アパート経営をこの先続けていれば、鍵屋さんのお世話になることも多いと思うので質問しますが、鍵業者の選び方と、何か注意点があれば是非教えて欲しいので、どうぞよろしくお願いいたします。


回答

アフターサービスの充実具合も大きなポイントです。


当然ですが、鍵業者によって鍵の交換費用や修理費用が異なりますので、まずはそれぞれの作業にかかる費用を明確にするところからはじめましょう。
鍵業者は、地域ごとにインターネットで検索すれば簡単にリストアップすることができますし、それぞれのホームページを見れば、おおよその料金が記載されているでしょう。
多くの場合は、「基本料金」「作業料金」「出張料金」の3つに、鍵本体の料金や部品代金がプラスされることになります。
出張料金を無料にしているところも多いですが、その分を他の部分に加算してしまえば同じことなので、あくまでもトータルの費用を確認してください。
鍵業者は料金以外にも、技術面での違いもありますので、信頼できる鍵業者を選ぶためには、所在地や従業員の数の他にも、会社の運営歴や経営状態、賠償責任や保険の加入状況などもしっかり確認しましょう。
ホームページ上でそれらの情報が全部確認できれば、信頼に値する業者と判断しても良く、それだけ実績と経験にしっかりとした自信があるという証になります。
今後も長く付き合いのであれば、アフターサービスが充実していることも、大きなポイントです。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク