業者選びに役に立つ鍵・防犯・セキュリティに関連した業者をご紹介します。

鍵コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年01月17日 [FAQ]

女が一人暮らしする上で大事な防犯対策とは?

今度はじめて一人暮らしをすることになり、それも危ない人もたくさんいる東京でということで、両親がとても心配していて、私自身も不安で一杯なのです。
セキュリティがしっかりしている高級マンションに住むだけの余裕はなく、予算にも限りがあるのですが、部屋探しをするときに、女が一人で東京で暮すために防犯対策として気を付けなければいけないポイントを教えてください。


回答

安全に暮らすにはいろいろなポイントに気をつけなければいけません。


女性が一人暮らしをするためには、安心して暮らせる物件探しを心掛けなければいけません。
そのためにはいろいろなポイントがあるので、可能な範囲で、これから紹介する対策がされているお部屋を選んでください。
設備以外にも、一人暮らしをする際に気を付けるべきことも紹介しています。
まずはオートロック付きで、エントランスと自室の玄関の2重ロックで守られている部屋を選びましょう。
オートロックであれば、鍵を掛け忘れても不審者の侵入を防ぐこともできますし、基本的に住居者以外は部屋の中に入ることができないので安心です。
防犯カメラがあることも大事なポイントで、エントランス、エレベーターの中、廊下など、カメラが多いほど防犯性は高まります。
エントランスに鍵が付いていても、オートロックが付いていても、1階のお部屋だと侵入されやすいので、できるだけ高い階を選ぶことを心掛けましょう。
どうしても予算の関係でオートロック付きのお部屋に入居できない場合は、オーナーさんなどに相談して、防犯性の高い鍵に交換することをおすすめします。
防犯性を高めるためには、周辺の環境もとても重要で、交番がすぐ近くにある物件だと理想的ですが、そうでなくても24時間営業のコンビニがあって、人通りが多いなど、簡単に侵入されにくい場所にある物件を選択しましょう。
女性が一人暮らしをする場合は、女性が一人でいることを悟られないようにする配慮をすることもポイントで、表札を出す場合は苗字だけにして、外に下着を干すことも避けましょう。
セールスマンなどの、身元がはっきりしない訪問者には対応しないようにして、ゴミ出しする場合は、個人情報が漏れないように配慮しましょう。
訪問者がどんな人か見分けるためには、テレビモニター付きのインターホンが必要になるので、物件探しをするときの条件にきちんと含めておきましょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク